2007年09月01日

動脈とは:動脈は血管自身の拍動で『血』を送り出す力...

動脈は血管自身の拍動で『血』を送り出す力を持っている。
静脈は血管壁が薄く血管自身で『血を』を送り出す能力は低い。
静脈は、
動脈に寄り添うようにして走っており、
動脈の拍動の力と、
筋肉の動き(筋ポンプ)に助けられて静脈内の『血』は流れることが出来る。


誰もが通常は逃げ場を持っているのだが、
疲労の蓄積により血行不足、
そして発痛物質が溜まることによる筋肉の衰え、
これらを放置しておくことで筋肉が硬くなり、
関節の稼動域が悪くなる。
身体にあるはずのしなやかさがなくなり、
逃げ場がつくれなくなり、
最終的には擦れた部分が炎症を起こし腰痛が悪化してしまうのである



腰痛対策の根幹は、
早期発見・早期治療である。
椎間板ヘルニアのような症状になる前に、
きちんとした腰痛対策をするべきである。

ひどい腰痛で逃げ場がなくなる理由を学んでおくべきであると思う。


関連記事

メルクマニュアル家庭版, 肺動脈弁狭窄 28 章 心臓弁障害
はじめに・ 僧帽弁逆流・ 僧帽弁逸脱・ 僧帽弁狭窄・ 大動脈弁逆流・ 大動脈弁狭窄・ 三尖弁逆流・ 三尖弁狭窄・肺動脈弁狭窄 ... 重度の肺動脈弁狭窄では、小児期に心不全を起こすこともありますが、普通は成人期まで症状はみられません。 ......(続きはここから...)

にほんまつ動物病院
フィラリアの説明です ... フィラリアは肺動脈という所に虫が寄生することによって起こる病気です。 ... そして皮膚の下で2回脱皮し、L5になった後血管に入り込み血流に乗って肺動脈まで移動します。 L3の侵入から肺動脈までの移動 ......(続きはここから...)

肺動脈弁狭窄症の予後について
わたしは5歳のときに肺動脈弁狭窄症の手術を受け、15歳までは毎年1回の診察を受けていました。 ... 肺動脈弁狭窄症は再発するのでしょうか。 子どもに遺伝するのでしょうか。 ... 肺動脈弁狭窄症の再狭窄は、めったにありませんので、 ......(続きはここから...)

関連情報はここから⇒     
posted by 腰痛克服者 at 07:33| 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。