2007年09月02日

動脈とは:腰痛対策において、『血行不足』に着目する...

腰痛対策において、
『血行不足』に着目することはとても大切である。
『疲労』から『血行不足』という流れを理解しておくだけで、
これらの状態になったときに、
誰にも頼らずに自分自身で腰痛を未然に防ぐことが出来る。


動脈は血管自身の拍動で『血』を送り出す力を持っている。
静脈は血管壁が薄く血管自身で『血を』を送り出す能力は低い。
静脈は、
動脈に寄り添うようにして走っており、
動脈の拍動の力と、
筋肉の動き(筋ポンプ)に助けられて静脈内の『血』は流れることが出来る。


私は治療院に通い続けることはオススメしない。
理由はいくつかあるのだが、
マッサージの効果の持続性に疑問があるのである。
マッサージを受けて身体が軽くなったとしても一時的である。
それならば何故高いお金を払って通い続けるのか。
理解に苦しむ。
自分自身の力で疲労物質を流せるような能力を持たないかぎり本当の腰痛対策にはならないのではないか。


関連記事

メルクマニュアル家庭版, 大動脈解離 35 章 動脈瘤と大動脈解離
大動脈解離のほとんどは動脈壁がもろくなったために起こります。 動脈壁の劣化に最もかかわっているのは高血圧で、 ... まれに、大動脈造影検査や血管造影検査などでのカテーテル挿入中の事故や、心臓や血管の手術中の事故に伴って起こることもあります。 ......(続きはここから...)

メルクマニュアル家庭版, 動脈瘤 35 章 動脈瘤と大動脈解離
高齢者では、たとえば、腹部大動脈が腸骨動脈と分岐するような動脈の分岐部や、 ... 一般的な胸部大動脈瘤では、大動脈の壁が変性して嚢胞性中膜壊死と呼ばれる状態になり、 ... 大動脈 ......(続きはここから...)

大動脈解離 - goo ヘルスケア
gooヘルスケア 家庭の医学。大動脈解離。どんな病気か 大動脈の壁に亀裂(きれつ)(エントリーと呼ぶ)が入り、壁が内膜と外膜とに分離されてしまう病気を大動脈解離といいます。突然に発症することが多く、その場合 は急性大動脈解離と呼ばれ、急性心筋梗...(続きはここから...)

関連情報はここから⇒     
ラベル:血行不足
posted by 腰痛克服者 at 08:51| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。